思いつき旅・舞鶴編

2015年05月31日 22:51

DSC_0850.jpg
京都から始発の特急に乗って1時間半くらいで東舞鶴駅に到着
自動改札機のない有人改札ってのはお出迎えされてる感があっていいやね
そしてまずはこの「かまぼこ手形」を購入
DSC_0851.jpg
1000円で主要な観光スポットを回る周遊バス1日乗り放題と
いくつかの施設の入場料が無料になったり割引になったり
その他いろいろetc…というなかなかイカしたしろもの

とはいえ4,5時間で対応施設全部回るのなんて無理だし
バスのほうも、風が気持ちよかったしそんなに距離がなかったのもあって
大半歩いちゃったから買った意味あったの?て聞かれると困っちゃうな
というか買ったらさっそく次のバス来るのが11時とか言われちゃったので
駅前のメインストリートを歩いて港方面へ
途中いくつか交わる東西に伸びる通りには旧舞鎮ゆかりの艦艇の名が
DSC_08560.jpg

20分ほど歩いて最初の目的地・遊覧船の乗り場へ
DSC_0860.jpg
30分くらいかけて湾内の海軍・海自ゆかりの施設を海自OBの方が解説してくれて
下の写真みたいに海から係留中の護衛艦を見られたりしてもうこれだけで舞鶴来た甲斐あったなーと
ただまあ、今日はひゅうがとかみょうこうとかの主要な艦は出払ってて見られなかったんだよね
それはちょっと残念
DSC_0863-899.jpg
この後はまた10分ほど歩いて海軍記念館と北吸桟橋を見学
海軍記念館はいろいろとすごい資料もあって思うところもあったんだけど
正直一番インパクトあったのは入口はいってすぐ正面に飾られてた秋津洲ちゃんのマジモンの軍艦旗かなあ
激しい戦いの中にあったってのが見てわかるだけに
入っていきなりそれがあったからなかなかに衝撃的だったよ
桟橋のほうはさっき海から見た護衛艦にすぐそばまで寄れるからまたも興奮しきり
うおーすげーかっけーとか言ってるあいだにいい時間になっちゃたので
一旦来た道を戻って赤れんが博物館へ
DSC_0900.jpg
行きのときになんか準備してるなーと見てたんだけど
戻ってきたらちょうど結婚式をやってたのでせっかくだからと流れでお二人を祝福
…してたら本気で時間がなくなってきて博物館は全然ゆっくり見られなかった
れんが専門の博物館って変わってるし割りと気になってたんだけどな

ここでようやっとバスを使って西舞鶴のとれとれセンターっつう、要は海産市場へ
バス降りたとたんに表の屋台から浜焼きのにおいがしててこれもう反則だろ、と
魚介に目がない私としてはどれも美味そうであれもこれもといきたいところだったんだけど
一身上の都合によりあまりお金使えないのと時間的にも15時近くになってたので
とりあえずこれだけ。
DSC_0904.jpg
イカ1杯まるごと焼いたのと子供の握りこぶしくらいあるバカでかい生牡蠣
お値段計1600円也
特に生牡蠣なんてこういうとこじゃないとそうそう食えないからいと満足でした
というか牡蠣は本当にでかくて一口でちゅるんといこうと思ったら
危うくのどに詰まらせるところだったくらい。むちゃくちゃ旨かった…

最後はまた海沿いを歩いて途中田辺城跡の公園に立ち寄りつつ
16時過ぎの電車で帰った感じですな

本当はもっと時間かけて愛宕や青葉のお山(意味深)やら
もうちょっと足のばして天橋立のほうにも行きたかったかな
まあそれやるなら泊まりでちゃんと計画立てないとダメだけどね

次は年に数回ある護衛艦の一般公開のときに行きたいなー


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakijiyo.blog112.fc2.com/tb.php/1023-d49f66a5
    この記事へのトラックバック