心のエミュレートは心たりうるか?

2011年03月08日 21:56

先日こないなわちゃんからいただいたアイの物語を読み終えたので報告
もらった時に聞いた作者のロボ子語りの本気っぷりというのは理解できた
その辺を読者に伝えるための表現はストレートでかつ文章がうまくて感心した
俺の好きなロボ子、というかAI子はADAみたいな無感情系なんで多少あれだけど


俺はどことなくplanetarianと似てるなあと思ったのだけど
ググってみたらその辺言及してる人がいないっぽいのでどうやらこの感覚はだいぶずれてるらしい
まあ題材的にはそこそこありふれてるし似てても別におかしくはないし
パクリラレとか言うつもりもないし別段子細なことではあるのだけど

プラネタがマイナーというのはあえて見ないフリ
俺はすばらしく欠陥品で認知症なので。


コメント

  1. こわいなわ | URL | -

    SHGさんはADAの擬人化はアリだと思います?
    唐突ですけど、ADA好きとあれば聞いてみたいと思いまして。

  2. SHG | URL | -

    絶対にノゥ!!!

    あくまでイメージとしてこんな感じかなーと姿を想像するのは別に構わないけど
    AIが体持っちゃったらそれはもうAIじゃねえよ、と
    件の本の表現を借りるならレイヤー0とレイヤー1の関係
    つまりは「生」じゃない、直には触れ合えないという点こそが
    AI萌えというものにとっての必要条件じゃないかと私は思うわけです

    故にAI萌えにコケティッシュなハードウェアは不要
    それが欲しいということはつまり、その欲求は生身の女性で代替が利くということではなかろうか
    それに、無骨な機械の中にオトメなAIとかいうようなギャップもまたいいもんだと思いません?


    ちょっと話それたけど、ADAならドロレスのボディに移植までが俺の中では妥協点かしら

  3. こわいなわ | URL | -

    迂闊なこと聞いて血の雨が降るかとも思ったけど全く同意です。良かった。
    AI擬人化なんて勇次郎が言うところの上等な料理にハチミツをブチまけるがごときってモンだよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakijiyo.blog112.fc2.com/tb.php/605-cc8faf9d
この記事へのトラックバック