棚の一等地に飾ろう!

2012年08月23日 21:41

ちょっと今さら感漂わせつつ、ようやく買ってきた放課後バトルフィールド読了。
最初からそういう覚悟のもととはいえ
コンビニで売ってる200円以上するようなお高いジュースを大して味わわずに一気飲みしたときの
「ああ、数百円が一瞬で消えちゃったなあ」てな喪失感を現在リアルタイムで味わっております


ホントもはや「話が進んでない」というよりも「進める話自体がない」というべきか。
例えるならば、ギャルゲエロゲの日常パートだけ
しかも世界観の説明とヒロインのお披露目程度の内容だから、いわばOPムービー前ですぜ
それだけで200ページ超が埋まってるってある意味すごいんじゃなかろうか

あ、あと固有名詞挙げまくりながらドヤ顔でセルフ解説してるパロネタも特盛だったな
お寒いお寒い。

てゆーか、正直ヒロインかわいい!くらいは言えるんじゃなかろーかと思ってたのに
それすら無理ってのはさすがにどーよ!?
いつの間にか女子全員完デレ状態、なんてイヅルのお家芸なんでことさら言及する気もないけど
描写が薄すぎて、個々のキャラクターっつーよりも
暴力女・お嬢様・毒舌ロリ、ってそれぞれ書かれた立て板がただ並んでるだけにしか見えん
静流さんとか鈴ちゃんみたいなクソブヒれる娘つくれんのになぜ!?とそこはかとなく思わなくもない

まあ出だしであんなこと書いたけど
ぶっちゃけ買った時点でほぼほぼ満足してるのでそこまで損したとは思ってねーです
それと、強いて挙げれば最後のシメは次巻につづく!みたいな形じゃなくきれいに切れてて
1巻で打ち切られてもモヤモヤせずに済むところは評価してあげてもいいと思うの
正直昨日虫干しの名の下に読み返したポルタよりは面白かったし。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakijiyo.blog112.fc2.com/tb.php/790-14cb480d
    この記事へのトラックバック