台湾旅行記・壱

2014年03月04日 00:15

帰国しました。

本当に行ってよかったなっていう素晴らしい3日間だった
余韻に浸りながらつらつらとツアーのことを書いていきたいと思う
3日間の分ひとまとめにするつもりだったけど
あれこれ思い出しながら書いてたらすごく長くなったので3分割



1日目。

成田の集合場所には7:10ごろに到着
案の定というか何というか、これまでのイベントで見たことある顔がちらほら
というかいわゆる常連ばっかだよなーほらなんか常連どうしでつるんでるし怖えー
てかこれどう見ても参加人数明らか60人いなくね?
とか思いつつそそくさと搭乗手続き済ませて機内でぼっち芸

現地時間で12時半くらいに到着するも遅刻者待ちで軽くイラつく
結局1時間くらい?遅れて全員集合。
その後紹介された担当の現地ガイドさんが結構イケメンでちょっとイライラ治まる
「バスが来たので移動します」と連れられていって、空港の出口に誰かいるな?と思って
よく見たらくっすんとぱいちゃんだった。
台湾着いて空港出た途端くすぱいがお出迎えとか何だよ
奇襲すぎて死ぬかと思った。というか脳の思考回路が死んだ
バスに乗り込みながら他の参加者と「なにあれ!ヤバい!かわいい!めっちゃかわいい!」とはしゃぐ
正直もうこれだけでツアー代10万の元取れたな、などと俺の中で貨幣価値が大暴落
ちなみにバスは横3列でシートも大きめでゆったり
ぶっちゃけ飛行機の席よりも快適で台湾すげえなと謎の感動

バスは2班に分かれてて、俺は1号車の方だったのだけど
参加者全員のお出迎え終わったくすぱいがこっちのバスに搭乗してきた
このツアー中俺は何回死ぬんだろう…
発車後、くすぱいから参加者同士でも親睦を深めてほしいとのことで自己紹介タイムへ
その際くすぱいが名札をつくってくれて、しかもそこに書いた名前で呼びますとかいうもんだから
俺氏、寸分の迷いもなく本名を名乗る

そんなこんなで最初の目的地・中正紀念堂に到着
ガイドさんの解説聞きながら普通に観光気分で写真撮ったりする俺
何の気なしに振り向くとすぐそばでぱいちゃんが普通に写真撮ってる。かわいい。
いつでも気がおかしいけど軽く発狂しかける俺。ヤバイマズイアブナイ
メインの広場に出たところで現地のラブライバーやらくすぱいファンが大勢集まってくる
どうやらこっちの旅程をチェックして入り待ちしてたらしい。
こいつらの行動力すげーな、と感心すると同時に二人のワールドワイドな人気を実感
ここで班ごとにくすぱいと記念写真を撮ったのだけど、今見るとやっぱりみんなぎこちない
これが最終日だったらもっと違ったのになあ
その後も紀念堂をいろいろ観光。俺らが普通に観光してるそばに普通にくすぱいがいる
視界に入ってくるたびにドキドキしてこの状況は本当に命の危険が危ないと感じる

一通り見終わって次の目的地へ移動
ここからくすぱいは2号車の方に乗り込むので一旦俺らとはお別れ
そんとき、俺のところからはよく見えなかったんだけど他の人いわく
ぱいちゃんが自販機でアイスのミルクティー買ってちゅーちゅー飲んでたらしい
あの日は気温25度とかで暑かったしね。
見たかった…絶対かわいかったのに…

次の目的地は龍山寺という寺院。台北最古の寺だそう。
賽銭の概念がなかったり、おみくじ引くのに神様にお伺いたてなきゃだめとか
いろいろと文化的な違いが垣間見えて興味深い場所だった
でも気がつくと至近距離にくすぱいがいる。死にそう。
ちなみに俺の引いたおみくじには
「いやがらせすんなよ?欲張りすぎんなよ?謙虚にしてれば幸運がくるぞ」
みたいなことが書いてあったらしい
帰り際、くっすんとぱいちゃんがお互いを撮り合いっこしてた
その様子をバスの窓にはりついてキモい顔しながらキモい声あげながら見てる豚の図は
きっと外から見るとそうとう滑稽な画だったに違いない

その後一旦ホテルへチェックインしてから夕食会へ
この夕食会はオプショナルツアーということで有料・自由参加なのだけど
ここまで着といてくすぱいと一緒にご飯食わない奴がいるわけもなく。
部屋は相部屋なのだけど、その相方がさっきまでバス隣の席でずっと話してた人ですごい安心した
とここでサプライズでくっすんとぱいちゃんがウェルカムカードを部屋まで手渡ししにきてくれた
ぱいちゃんからもらった手書きのウェルカムカードは割とマジで棺に入れてもらおうと思う
まあそれ自体は部屋に入る前に聞かされてたのでさほどサプライズではなかったのだけど
もうとにかくぱいちゃんかわいすぎて何もまともに話せなかったし目線すら合わせられなかった
後で他の人に聞いたらいろいろ話してた人もいて、自分のコミュ障っぷりに嫌気がさした

夕食会では一番奥のテーブルについたのでくすぱいは全然見れなかったけど
同じテーブルの人たちと談笑しつつ飯うめーってパクついてた
生まれて初めて北京ダック食べたけど
記念撮影用にしてもよもやアヒルさん首ついたまま出てくるとは思ってもみなかったよ
おいしかったです。
台湾の地ビールはだいぶマイルドで飲みやすいね
他方紹興酒はなんというか、ものすごい濃い口の醤油をお酒にしたみたいな
とにかくドギツイ代物で、嫌いじゃないけどちょっとだけでいいやって感じ
つぼにくればたまらない一品だろうけど、個人的には何かで割らないと飲めないなー

食事のあとは台北の夜市へ
要は祭のときに出てるような屋台やら出店なんかがずらーっと並んだ夜限定の市場みたいなのなんだけど
まあ人ごみがすごい。マジで祭やってんのかってくらい人多くて全然進めない
それから臭いがものすごい。特にここの地下が飲食店街になってたんだけど
臭いのきつい料理も多くて、それがいろいろと混ざってなんとも強烈
ただまあ美味いのは美味い。食事会の後だったからここではあんまり食べてないけど



とまあ1日目の内容はこんな感じで
てか今思い返して見てもすさまじく濃厚なツアーだなこれ
こんな文章量にもなるよそりゃ

2日目に続く…


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakijiyo.blog112.fc2.com/tb.php/961-68235e08
    この記事へのトラックバック